2011/09/08

カナダの経済指標7 為替レート・失業率

カナダの経済指標を確認します。

この記事では、為替レートと失業率について記述致します。

関連記事
カナダの経済指標1 人口・GDP
カナダの経済指標2 インフレーションレート
カナダの経済指標3 政策金利・10年物国債利回り・GDP債務比
カナダの経済指標4 経常収支
カナダの経済指標5 貿易収支
カナダの経済指標6 株価指数
カナダの経済指標8 企業信頼感指数・消費者信頼感指数
カナダの経済指標9 工業生産高



1972年から2011年のUSD/CAD為替レート推移です。

1970年から変動相場に移行しています。

景況の悪化に伴い1980年代後半にかけてカナダドル安を生じます。

その後、1990年前後では資源開発に伴って一時的にCAD高となりますが、再び2002年までCADは安い状況が続きます。このCAD安は、どちらかと言うと、USDが過剰に強かったためでもあります。

直近では資源高に伴い、レートは一気にCAD高へ振れます。





1976年から2011年の失業率推移です。

80年代には非常に高い推移が続きます。

1995年からはIT産業の成熟化から、新たな雇用の受け皿が生まれます。有名なメーカーを挙げるならブラックベリーなどが非常に有名でしょう。

2002年からは商品市況の高騰によって更に景況は改善しています。

2009年には世界金融危機の流れから失業率は悪化し、直近では緩やかに改善傾向にあるようです。



アメリカよりも、若干カナダの方が景況の良い状態となっていますが、GDPを比較すると以下のようになります。



10倍ほどの差があります。人口の差もこれと近い物があります。

そのため、今後もアメリカ経済に振り回される傾向がどうしても続くかと思います。

次の記事
カナダの経済指標8 企業信頼感指数・消費者信頼感指数

関連記事
カナダの経済指標1 人口・GDP
カナダの経済指標2 インフレーションレート
カナダの経済指標3 政策金利・10年物国債利回り・GDP債務比
カナダの経済指標4 経常収支
カナダの経済指標5 貿易収支
カナダの経済指標6 株価指数
カナダの経済指標9 工業生産高

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。