2011/06/20

2011年6月20日更新の景気動向指数

内閣府が発表している景気動向指数が4月分を更新しました。

やはり震災の影響を反映して下向きの動きを取っています。


やはり、震災の影響が大きいです。

しかし、今からしてみるとリーマン・ショックの方が経済的な衝撃は大きかったのでしょう。

ちなみに、4月の値がこちらとなります。


速報 改訂
先行指数 96.4 96.2
一致指数 103.8 103.6
遅行指数 90.7 90.8


100を割り込んでいます。


一致指数で見ると…横ばいに近いです。


遅行指数にはまだ折り込まれていない様です。

うーん、この指数はどのように役に立つのかいまいちわかりません。

先行指数だけが必要にも見えます。

先行指数は前月比3.4ポイント低下の96.2。一致指数の基調判断は「改善を示している。ただし、東日本大震災の影響により、CI一致指数の3カ月後方移動平均の前月差が2カ月連続でマイナスとなっている」とした速報段階の表現を据え置いています。

関連記事
5月貿易収支 単月で過去二番目の赤字額
日本通関ベース貿易収支を1950年から2010年の推移をグラフ化してみる
中国人から日本へのメッセージ
経済の処方箋を書いてみる_経済分析円の説明
国家を星座に例えたら? ~日本
パクリに対する日中韓の姿勢

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。