2011/05/29

警鐘はオオカミ少年でない、国債引き受けは通貨の信認低下=日銀総裁…について

日銀の白川方明総裁は28日、都内で開かれた日本金融学会で講演し、財政悪化に警鐘を鳴らすと「オオカミ少年」のように受け取られるが、政府の支払い能力に対する信認は突如低下し長期金利が急騰する可能性がある、と強調した。

2011/05/18

ノーベル賞国別受賞者数ランキングをグラフ化

必ずしもノーベル賞が潜在的な科学力を正確に表現しているとは思いませんが、国際的に最も重視されている同賞を分析することは指標の一つとなりうるかもしれません。

ここでは2011年の全部門の国別受賞者数をグラフ化してみます。

エンゲル係数をグラフ化して分析

エンゲル係数(エンゲルけいすう、Engel's coefficient)は、家計の消費支出に占める飲食費のパーセントのこと。ドイツの社会統計学者エルンスト・エンゲルが1857年の論文で発表した。

非常に大雑把ではありますが、指数の一つとして見ていきます。

米住宅着工件数の推移を分析

アメリカの景気を占う上で重要な指標の一つである住宅市場が、かなり過剰な在庫傾向にあることを鮮明にしています。

この件数発表と同時に一旦円安に振れていた相場は流れを崩しています。

2011/05/16

ギリシャが仮にデフォルトを宣言しなかった場合

ギリシャが仮にデフォルトを宣言した場合の続きです。
http://www.blogger.com/post-create.g?blogID=5302375640317834199

恐らく現在、EUが最も模索している選択肢がこちらになります。

ギリシャが仮にデフォルトを宣言した場合

ギリシャを始めとする欧州諸国が巨額の債務に揺れています。ギリシャの債務は2010年時点でGDP比約142%にありました。EUにとって債務の処理手順は非常に重要な問題となっています。

では、仮にギリシャがデフォルトを宣言した場合、どのようになるのか非常に大雑把に考察してみます。

2011/05/15

電力単価分析

電力単価当たりで、現在の電気代と再生可能エネルギー単価を比較してみます。

データにはそれぞれ2009年の電力会社単価、現在の概算データ、2001年時の単価、将来予測など、計測時や単位に差異があります。注意してください。

2011/05/14

製薬会社売上高ランキングをグラフ化してみる

製薬会社売上高ランキングをグラフ化してみます。ちなみに、先日の武田薬品工業の買収は含めていません。

データは2008年から2010年のものですが…どうもアメリカ以外の会社のデータは対ドルで上下が激しかったためか、あまり参考にはならないでしょう。

また、2010年問題に揺れた産業であったためか、業界そのものの変動も激しかったようです。

2011/05/11

国・都市別住宅価格をグラフ化

国・都市別住宅価格をグラフ化してみましたが、残念ながら参考になるデータにはなりませんでした。基本的に坪単価、メートル単価の方が重要だったかもしれません。

ここでは単純な戸あたりの価格となります。

2011/05/10

世界の家屋寿命をグラフ化してみる

ソーラーパネルの効率の悪さを指摘する声が頻繁に聞こえますが、実際のところ日本では効率の悪いものが多く存在しています。住宅の寿命の短さもそれにあたるでしょう。

早速グラフ化してみたので、記述してみます。

2011/05/06

再び「失われた十年」が繰り返されるのか?

5月6日に発表された日銀マネタリーベースの発表を見て、フラッシュバックを感じずにはいられませんでした。

3月の震災以来、日銀はマネタリーベースを急激に増加させています。

日銀マネタリーベースをグラフ化

日銀が11年4月までのマネタリーベースを発表しました。

これが普段ならあまり重要視しないのですが、震災後でもあるため分析を行っておきます。

2011/05/03

反独占理論5 衰退のプロセスについて

勢いに任せて反独占理論と、もっともらしく見える記事を書いた結果、正しいのかよくわからない疑問が頭を何度もよぎる状況が続いています。

さて、そんなわけで頭にひっかかる点があまりにも多くありますが、とりあえず出来ることからやってしまいます。

2011/05/02

反独占理論4 精算無しハイパーインフレ無しで比率を改善するには

どうも経済が一度でも独占状況に至ると精算もハイパーインフレも行うことが出来きない状態に陥る事がわかります。

しかし、独占状態を効果的に崩さなければ破産したプレーヤーは復活してもすぐに破産を繰り返すようになります。そんなわけで第三の手法を記述してみます。

反独占理論3 精算なしで近い比率に戻すには

次世代モノポリーを生み出すための一つの具体例として、まずは精算を行わずに破産したプレーヤーが戻りやすい環境を構築します。

極端なやり方になるかもしれませんが、とにかく具体例を作ってみます。

反独占理論2 精算とデフォルト 次世代モノポリーについて

モノポリーの世界では、一度”精算”したのち、次のゲームを始める事が可能です。

精算すると、再び以下の状態に戻ります。

反独占理論1モノポリーと現在の経済の問題について

反独占理論と言っても、筆者が思いついた経済対策を記述するだけです。

一つに収まらなければいくつかに記述します。