2011/09/02

オーストラリアの経済指標2 インフレーションレート・政策金利・10年物国債利回り・GDP比債務

オーストラリアの経済指標を確認します。

この記事ではインフレーションレート、政策金利、10年物国債利回りについて記述致します。

関連記事
オーストラリアの経済指標1 人口・GDP
オーストラリアの経済指標3 経常収支・貿易収支・為替レート
オーストラリアの経済指標4 株価指数・失業率・企業信頼感指数・消費者信頼感指数


1973年から2011年のインフレーションレート推移です。

70年代から90年代にかけてインフレが収束傾向にあることがわかります。

1983年 豪ドル変動性相場へ

1985年 プラザ合意

1990年 日本バブル崩壊

1997年 アジア通貨危機

直近ではインフレの低い状態が続いています。




1990年から2011年の政策金利推移です。

1990年には非常に高い金利となっていましたが、その後は概ね8%以下の推移が続いています。

世界金融危機では一度金利が暴落しています。




1969年から2011年の10年物国債利回り推移です。

80年代には高い利回りに苦しんだことがわかります。

80年代には多くの欧米諸国が第二次オイルショック以降高いインフレに苦しみました。

直近では資源高による収益の改善によって信用力が上昇し、直近では約40年ぶりの低金利となっているのがわかります。

また、1983年の豪ドル変動性相場へ移行して以来は、それまでより変動性の高い推移を見せているのがわかります。




1989年から2011年のGDP比債務です。

1995年にピークを形成後、2008年に向けて収束し、その後急激に増加しつつあります。

この債務の増加がオーストラリアの大きな懸念となっています。



1970年代から1980年代にかけて色々な流れから各国へのインフレ圧力が高まり、抑制するため政策金利が上昇、その後、国債利回りが上昇する流れとなっています。

1973年 第一次オイルショック

1979年 イラン革命による第二次オイルショック

1983年 豪ドル変動性相場へ

1985年 プラザ合意

1990年 バブル崩壊

1997年 アジア通貨危機

2007年 世界金融危機


各レートの影響の元となっているのは上述の出来事かと思います。

ただ、直近では商品価格の高騰による過大評価があるように感じられてなりません。次の記事で記述しますが、慢性的な赤字体質が気がかりと言えます。

次の記事
オーストラリアの経済指標3 経常収支・貿易収支・為替レート

関連記事
オーストラリアの経済指標1 人口・GDP
オーストラリアの経済指標4 株価指数・失業率・企業信頼感指数・消費者信頼感指数

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。