2011/06/24

米国新築住宅販売件数推移を流し見

米国新築住宅販売件数の5月分が発表されました。

前回結果が32.6万件、今回予想が31.0万件、今回結果が31.9万件となりました。
予想を若干上ブレしています。


年次販売件数の推移がこちらになります。

やはりサブプライムローンが如何に無理のあるシステムであったか分かる内容です。少なくとも利率を見直すべきでした。

完全に住宅は過剰供給となったため、やはりしばらくは落ち込んだままかもしれません。


1963年から2011年の推移がこちらになります。

やはり2007年以降は見る影もありません。


直近での推移はほぼ横ばいとなります。

住宅価格の下落も致命的な水準にありますから、無理もないかもしれません。

最近、価格の上昇を見せたのは日本の震災により供給量が減った中古車市場くらいかもしれません。

さて、住宅市場の落ち込みは経済の落ち込みに直結します。

また、若干景況を先行する傾向があるため、毎回の発表には注意をされたほうが良いかもしれません。

関連記事
1967年~2011年のアメリカ新規失業保険申請件数推移と最新公表値を流し見
6月更新分アメリカ中古住宅販売件数
シカゴ連銀全米活動指数5月までのデータを流し見
国・都市別住宅価格をグラフ化
米国債残高の歴史的な推移を分析 1791年~1849年

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。