2011/06/24

シカゴ連銀全米活動指数5月までのデータを流し見

シカゴ連銀全米活動指数を見てみます。

前回結果が-0.56、今回予想-0.05、今回結果が-0.37となり、予想下ブレとなりました。


前回結果よりも改善しましたが、予想よりも低調となりました。

3カ月移動平均(CFNAI─MA3)はマイナス0.19と、前月のマイナス0.15(改定値)からやや悪化しています。

0前後の値は、過去の推移からみるとそこまで悪いわけでも無いかもしれません。若干上向いていることからもわかるように、震災の影響が薄れれば今後は回復基調に乗るかもしれません。

関連記事
6月ミシガン大学消費者信頼感指数
6月更新分アメリカ中古住宅販売件数
6月更新分のカナダ景気先行指標指数を確認
世界平和指数、世界マップをひと通り確認してみる

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。