2012/04/30

シカゴ購買部協会景気指数の2007年から2012年の推移をグラフ化


シカゴ購買部協会景気指数の2007年から2012年の推移をグラフ化してみます。

欧州消費者物価指数の1990年から2012年の推移をグラフ化


欧州圏消費者物価指数の1990年から2012年の推移をグラフ化して確認しておきます。

欧州マネーサプライM3っぽいデータを1997年から2012年までグラフ化


1997年から2012年の欧州マネーサプライM3っぽいデータをグラフ化して前月比と前年同月比の推移を確認してみます。

ニュージーランド・マネーサプライを1988年から2012年の推移でグラフ化


1988年から2012年のニュージーランド・マネーサプライをグラフ化してみます。

2012/04/29

ニュージーランド建設件数の1974年から2012年推移をグラフ化


1974年から2012年のニュージーランド住宅建設件数の推移をグラフ化してみます。

1982年以前のデータは季節調整していません。…適当データです。

2012/04/27

ミシガン大学消費者信頼感指数の2012年4月速報値までをグラフ化


2012年4月速報値までのミシガン大学消費者信頼感指数をグラフ化してみます。

アメリカGDP推移を2005年Q4から2011年Q4までグラフ化


アメリカGDPの推移を四半期ごとに2005年Q4から2011年Q4までグラフ化してみます。

独GfK消費者信頼感指数を2007年から2012年の推移をグラフ化


独GfK消費者信頼感指数の推移を2007年から2012年までグラフ化してみます。

日本10年物国債利回り推移の月毎1994年から2012年をグラフ化


日銀決定会合の前に10年物国債利回りの推移をとりあえず確認しておきます。

日本鉱工業生産指数の2003年から2012年をグラフ化


2003年から2012年の日本鉱工業生産指数をグラフ化してみます。

2012/04/26

有効求人倍率を1967年から2012年までグラフ化


1967年から2012年の有効求人倍率の推移をグラフ化してみます。


米新規失業保険申請件数を1967年から2012年までグラフ化…が上手くできませんでした


1967年から2012年の新規失業保険申請件数のグラフを作ろうとしたのですが…

ユーロ圏消費者信頼感指数を1985年から2012年の推移をグラフ化


1985年から2012年の消費者信頼感指数推移をグラフ化してみます。

全産業活動指数を2003年から2012年の推移をグラフ化


2003年から2012年の全産業活動指数推移をグラフ化してみます。

オーストラリア景気先行指数を2008年6月から2012年2月までグラフ化


2008年6月から2012年2月の豪景気先行指数をグラフ化してみます。

短期間しかデータを集めていないのでブレや連動性がはっきりしていません。

また、強引にデータを集めたので速報値などが混じっています。信頼性に欠けるデータです。

ネーションワイド消費者信頼感指数の2004年から2012年2月までをグラフ化


イギリス・ネーションワイド消費者信頼感指数の3月分が発表されたはずなんですが、公式サイトが更新されないので2月までをとりあえずグラフ化してみます。

2012/04/25

アメリカ国債利回り推移の1962年から2012年をグラフ化


1962年から2012年の米国10年債利回りをグラフ化。

FOMC直前と言うことで参考程度に作成してみます。

残念ながら、データ量が多すぎるためかグラフ自体表示されないかもしれません。また、データを詳細に見ていただくと直ぐにわかるかも知れませんが、データ元のように表示されていません。Google Tableの限界を超えている可能性があります。データが1万行を超えただけで駄目になるとは思いませんでしたが、意外と描画できる許容範囲は狭いのかもしれません。

耐久財受注っぽいデータを1958年から2012年のデータをグラフ化


1958年から2012年の耐久財受注っぽいデータをグラフ化してみます。

実はそもそも対象としたデータが正しいかどうかわかりません。…と言うかデータが噛み合いませんでした。永久下書き行きにしようかと思うほどのデータ水準になりましたが、一応公開してしまいます。参考程度にどうぞ。

イギリスGDPの1955年から2011年までをグラフ化


1955年から2011年のイギリスGDPをグラフ化してみます。

2012/04/24

工作機械受注の推移を2009年から2012年までグラフ化


2009年から2012年の工作機械受注をグラフ化してみます。

イギリスGDPと国債残高推移を1960年から2011年までグラフ化して分析


1960年から2011年のイギリス国債・GDP推移をグラフ化して分析してみます。

関連記事
17世紀末から18世紀中盤までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析
1756年から1815年までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析
1803年から1868年までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析
1850年から1914年のイギリスGDPと国債推移のグラフ化と分析
イギリスGDP・国債推移を1910年から1965年にかけてグラフ化して分析

イギリスGDP・国債推移を1910年から1965年にかけてグラフ化して分析


イギリスGDP・国債残高推移を1910年から1965年にかけてグラフ化して分析してみます。

関連記事
17世紀末から18世紀中盤までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析
1756年から1815年までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析
1803年から1868年までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析
1850年から1914年のイギリスGDPと国債推移のグラフ化と分析
イギリスGDPと国債残高推移を1960年から2011年までグラフ化して分析

1850年から1914年のイギリスGDPと国債推移のグラフ化と分析


1850年から1914年のイギリス国債残高推移とGDP推移をグラフ化して分析してみます。

関連記事
17世紀末から18世紀中盤までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析
1756年から1815年までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析
1803年から1868年までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析
イギリスGDP・国債推移を1910年から1965年にかけてグラフ化して分析
イギリスGDPと国債残高推移を1960年から2011年までグラフ化して分析

1948年から2012年のオーストラリアCPI推移をグラフ化


1948年から2012年Q1のCPIをグラフ化してみます。

アメリカ新築住宅販売件数の直近1年間をグラフ化


アメリカ新築住宅販売件数の直近1年感をグラフ化してみます。

1993年から2012年のリッチモンド連銀製造業景況指数をグラフ化


1993年から2012年のリッチモンド連銀製造業景況指数をグラフ化してみます。

2000年から2012年のS&Pケース・シラー住宅価格指数をグラフ化


2000年から2012年のS&Pケース・シラー住宅価格指数の推移をグラフ化してみます。

2008年から2012年の企業向けサービス価格指数をグラフ化


2005年基準の企業向けサービス価格指数を2008年から2012年までグラフ化してみます。

2012/04/23

景気動向指数をグラフ化して分析


1980年から2012年2月までの景気動向指数をグラフ化して確認してみます。

1803年から1868年までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析


19世紀前半のイギリスGDPと国債発行高推移から背景を探ってみます。

関連記事
17世紀末から18世紀中盤までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析
1756年から1815年までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析
1850年から1914年のイギリスGDPと国債推移のグラフ化と分析
イギリスGDP・国債推移を1910年から1965年にかけてグラフ化して分析
イギリスGDPと国債残高推移を1960年から2011年までグラフ化して分析

1756年から1815年までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析


1756年から1815年のイギリスGDPと国債発行残高推移を確認してみます。

関連記事
17世紀末から18世紀中盤までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析
1803年から1868年までのイギリスGDPと国債発行残高推移を分析
1850年から1914年のイギリスGDPと国債推移のグラフ化と分析
イギリスGDP・国債推移を1910年から1965年にかけてグラフ化して分析
イギリスGDPと国債残高推移を1960年から2011年までグラフ化して分析

2012/04/17

NAHB住宅価格指数の推移を1985年から2012年4月までグラフ化


1985年から2012年4月までのNAHB住宅価格指数をグラフ化してみます。

2012年4月予測は28で結果は25と低下しました。

2012/04/13

中国のGDPを四半期ごとに1992年から2011年までをグラフ化


中国の2012年Q1GDPが8.1%と発表されました。

そんなわけで2011Q4までのGDP推移をグラフ化して確認してみます。

データは面倒だったのでWikiから拝借しました。どうも確認はできていませんがNBSoCのデータでは無いようです。ご注意ください。

データ元:http://en.wikipedia.org/wiki/Historical_GDP_of_the_People's_Republic_of_China

中国のGDPを四半期ごとにグラフ化して推移を確認


中国の2012年Q1GDPが8.1%と発表されました。

そんなわけで2011Q4までのGDP推移をグラフ化して確認してみます。

データは面倒だったのでWikiから拝借しました。

データ元:http://en.wikipedia.org/wiki/Historical_GDP_of_the_People's_Republic_of_China

2012/04/09

オーストラリア失業率推移をおさらい


12年4月12日にオーストラリアの失業率が発表されるため、一足先に、これまでの推移をおさらいしてみます。