2011/09/08

カナダの経済指標3 政策金利・10年物国債利回り・GDP債務比

カナダの経済指標を確認します。

この記事では政策金利、10年物国債利回り、GDP債務比について記述いたします。

関連記事
カナダの経済指標1 人口・GDP
カナダの経済指標2 インフレーションレート
カナダの経済指標4 経常収支
カナダの経済指標5 貿易収支
カナダの経済指標6 株価指数
カナダの経済指標7 為替レート・失業率
カナダの経済指標8 企業信頼感指数・消費者信頼感指数
カナダの経済指標9 工業生産高


1990年代前半には景況が非常に悪化した状態が続きますが、その後収束します。

同時期、1990年にはソビエトが消滅し、ソビエト国債が事実上のデフォルトを起こしました。

このデフォルトは世界的にネガティブな影響をもたらしています。

また、日本はちょうど1990年にバブルを崩壊させています。

その後、インフレの収束と共に政策金利も収束傾向にあります。直近ではデフレが警戒される水準までインフレが低下しています。





1989年から2011年の10年物国債利回り。

政策金利に連動する動きが見て取れます。

直近では2%前後にまで低下しています。





1988年から2011年のGDP債務比。

こちらは非常に高い水準が続いていることがわかります。

ただ、直近で2%前後にまで下がっている上、莫大なオイルサンドがありますから、原油市況次第ではありますが、今後は収束傾向となる可能性があります。



カナダ市場は今後財政上の懸念を収束させていくものと思われます。

ただ、アメリカとの連携が非常に重要となっていますから、今後のアメリカ次第ではカナダも引きずり込まれるかもしれません。

やはりアメリカ市場と合わせて今後の展開に警戒が必要となるでしょう。

次の記事
カナダの経済指標4 経常収支

関連記事
カナダの経済指標1 人口・GDP
カナダの経済指標2 インフレーションレート
カナダの経済指標5 貿易収支
カナダの経済指標6 株価指数
カナダの経済指標7 為替レート・失業率
カナダの経済指標8 企業信頼感指数・消費者信頼感指数
カナダの経済指標9 工業生産高

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。