2011/04/03

スマートフォン向けプロセッサのベンチマーク

AnandTechにて、Qualcommの開発プラットフォーム MDPを使ったベンチマークを掲載されています。

こちらの図は高い方がFPSが増加して良い追従性を実現していることを表しています。

iPhone4は、解像度の高いRatinaディスプレイの影響がモロに表れているのがわかります。ただ、このグラフに載っている製品は多くがデュアルコアの最新版であるため、比較対象としては酷な存在かもしれません。

しかし、こうしたグラフを見るとかつてのPCが思い出されます。その前は最高速などを競っていた自動車業界でしょうか?

そもそも使い方次第では十分なレベルに到達しつつあるため、端末選びは好みで選ばれた方が良いでしょう。ただ、余程駄作な端末は避けたほうが良いため、ある程度の参考材料にはなるかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。