2011/04/02

改善した失業率推移を長期的な推移で見ると[america,job]

失業率が8.8%に下落し、雇用が若干の改善傾向にあることを示しました。

現在、こうした外部環境の良さと日本の震災の余波により、円は全面安に振れています。

ただし、失業率を長期的な推移で見てみると面白い傾向がわかります。

1980年から2010年の失業率推移です。

この図を見ると、2000年をヘッドボトムとした逆三尊型・ヘッドアンドショルダーズボトムを描いているのがわかります。

本来株式などでは歓迎すべき形状と言えますが、失業率は低いほうがいいので、悪い兆候と言えなくもありません。

つまり、高止まりを続ける可能性も無視できません。…あまり論理的な裏付けではないので、あまり重視はできませんが、超長期的に見ると興味深い傾向が現れていることは確かです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。