2011/09/13

アルゼンチンの経済指標6 失業率・消費者信頼感指数・鉱工業生産指数

アルゼンチンの経済指標を確認します。

この記事では、失業率、消費者信頼感指数、鉱工業生産指数について記述致します。

関連記事
アルゼンチンの経済指標1 人口・GDP
アルゼンチンの経済指標2 インフレーションレート
アルゼンチンの経済指標3 政策金利・GDP比債務・為替レート
アルゼンチンの経済指標4 経常収支・貿易収支
アルゼンチンの経済指標5 株価指数



2002年から2011年の失業率推移です。

2002年にはペソが変動性相場へ移行しています。

基本的にデフォルトから2002年前後は高い推移となっていますが、その後収束しています。

直近では7.3%と、アメリカより低い失業率となっているのがわかります。




2001年から2011年の消費者信頼感指数推移です。

景況判断基準、基点はわかりません。

ただ、大まかにではありますが、景況を的確に反映していることがわかります。

比較的他の指標との連動性も高いかもしれません。




1995年から2011年の鉱工業生産指数です。

2001年のデフォルト後では、他の指標と同様に大きな落ち込みを見せています。

一方2007年の世界金融危機では、デフォルトよりも軽微な落ち込みで済んだようです。



アルゼンチンのデフォルトは各所に大きな落ち込みをもたらしたことは明確です。

唯一人口推移だけは影響が無かったようですが、それも一次産業が非常にしっかりしていたことと、場合によっては外貨で取引を済ませていたのかもしれません。

よくデフォルト、ハイパーインフレなどが生じた国ではドルなどの紙幣が流通するようになります。

恐らく農家などはそうした紙幣で難を逃れたのかもしれません。

かなり若い人口ピラミッドを形成していることからもわかるように、これからの国家で有る可能性が高いです。今後の展開は過去に見られた推移より、安定的なものとなるかもしれません。

関連記事
アルゼンチンの経済指標1 人口・GDP
アルゼンチンの経済指標2 インフレーションレート
アルゼンチンの経済指標3 政策金利・GDP比債務・為替レート
アルゼンチンの経済指標4 経常収支・貿易収支
アルゼンチンの経済指標5 株価指数

「当ブログ内グーグル検索:*の経済指標1」

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。