2011/09/22

ウクライナの経済指標1 人口・GDP

ウクライナの経済指標を確認します。

この記事では、人口、GDPについて記述致します。

関連記事
ウクライナの経済指標2 インフレーションレート
ウクライナの経済指標3 政策金利
ウクライナの経済指標4 経常収支・貿易収支・為替レート
ウクライナの経済指標5 失業率・鉱工業生産指数



1960年から2011年の人口推移です。

1993年の5,218万人がピークとなっています。2011年は4,578万人です。

ソビエト崩壊以降、非常に厳しい経済運営を続けてきたことがわかります。

1993年にはハイパーインフレを起こしており、致命的な経済運営が行われていたようです。


2011年の人口ピラミッドです。

高齢者の女性が多いのが特徴と言えます。

25-29の人口がピークを形成しているようです。

かなり経済的な煽りを受けた人口形成となっているのがわかります。



1987年から2011年のGDP推移です。

1990年のソビエト崩壊、1991年の独立以降GDPは減少を続け、2001年に底打ちしています。

その後、上昇傾向に乗っていますが、世界金融危機以降では急激な落ち込みを形成しています。



ウクライナは特にロシアの影響を受けやすく、次にEUの影響を受けています。

そのため、特にロシアとの連動的な動きには注意が必要です。



population curveも若干似ています。

ただ、直近では資源を多く有するロシアは持ち直しつつあるようです。

仮にロシアに連動するなら、ウクライナのCurveも持ち直す方向へ向かうかもしれません。

あなたが作ったデザインを、ポスト・イット(R)ノートにもプリントできます。
iiyama液晶セットパソコン
価格.com 自動車保険
海外おみやげ宅配便

次の記事
ウクライナの経済指標2 インフレーションレート

関連記事
ウクライナの経済指標3 政策金利
ウクライナの経済指標4 経常収支・貿易収支・為替レート
ウクライナの経済指標5 失業率・鉱工業生産指数

「人口 OR GDP OR ウクライナ:当ブログ内Google検索」

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。