2011/08/15

南アフリカ共和国の経済指標3 経常収支、貿易収支

南アフリカの経済指標を確認します。

この記事では経常収支、貿易収支の推移について記述致します。

関連記事
南アフリカ共和国の経済指標1 人口・GDP
南アフリカ共和国の経済指標2 インフレーションレート・政策金利・10年物国債利回り
南アフリカ共和国の経済指標4 株価指数・失業率・企業信頼感指数・消費者信頼感指数

1960年から2011年の経常収支推移です。

2000年前後までは金額が非常に小さく、2004年前後から金額が大きく赤字に振れていることがわかります。

これは主に所得収支の赤字によるところが大きくなります。諸外国への利息配当利払いの上昇に伴ったものとなっています。


こちらは1990年から2011年までの貿易収支になります。

2008年に大きくボトムを形成しているのがわかります。

これは主にZARの上昇と利息配当支払いのピークに伴ったものとなっています。


2009年には利息配当支払いが減少し、同時にZAR安となりました。

同国はプラチナの主要な産地となっています。(産出量78.7% 埋蔵量88.7% 2009年推計)

また、金やレアメタルの産地としても有名です。

そのため、商品価格の上昇に伴い2008年から経常収支、貿易収支を改善させているのがわかります。

今後の所得収支を予測するには、政策金利の推移が重要となります。

1999年以降、政策金利は下落傾向を維持しているため、今後の所得収支は2008年ほどではなくなる可能性があります。

また、今後もプラチナや金価格が高い状態が続く可能性があるため、今後経常収支が改善する可能性もあります。

そして2015年ごろには発電所の増設なども考えられており、更なるインフラの整備が進めば、鉱工業以外の産業も活性化するかもしれません。

次の記事
南アフリカ共和国の経済指標4 株価指数・失業率・企業信頼感指数・消費者信頼感指数

関連記事
南アフリカ共和国の経済指標4 株価指数・失業率・企業信頼感指数・消費者信頼感指数
南アフリカ共和国の経済指標2 インフレーションレート・政策金利・10年物国債利回り
南アフリカ共和国の経済指標1 人口・GDP
ブラジル経済の長期的な流れを指標で確認してみる
インド経済の超長期的な指標をチャートで確認してみる
ロシア経済の概況を大雑把に確認してみる
中国貿易収支を観察してみる

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。