2011/06/23

欧州圏鉱工業新規受注4月の動きを流し見

前年比、前回結果が14.3%、予想14.0%、結果8.6%
前月比、前回結果が-1.5%、予想1.3%、結果0.7%

予想下振れとなり、EU圏の成長が鈍化しつつある可能性があります。


こうしてみると、成長の鈍化が現れ始めているようにも見えます。

2007年前後と大きく異なる傾向としては、€安があることでしょうか?

最も上昇したのはアイルランド(+11.2%)、フィンランド(+7.1%)、ルーマニア(+6.6%)

逆にもっとも下落したのは、ハンガリー(-9.6%)、ラトビア(-7.8%)、ブルガリア(-6.7%)です。

アイルランドは、やはりPIIGSに含まれているだけあって、かなり上下が激しい状態が続いています。3月では-14.0%となっていますから、端にバウンドしただけかもしれません。

やはり、重要なのはあくまでもギリシャ危機となりそうです。

関連記事
ギリシャが仮にデフォルトを宣言しなかった場合
ユーロ崩壊の可能性
欧州連合とEFSF債の行方[欧州金融安定ファシリティ]

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。