2011/06/23

日本経済を復活させる方法1

この手の対策は現在世界中で模索されていますが、筆者なりの解決策を再度記述してみます。

基本的に大口叩いているだけだと思ってください。

目次
日本経済を復活させる方法2
日本経済を復活させる方法3
日本経済を復活させる方法4

以前、記述した経済の処方箋を書いてみる_経済分析円の説明[japan,economy,solution]のシリーズを前提として記述します。まずそちらをご参考ください。


こちらが分析結果となった日本経済のバランスです。

特徴としては人口密度が高過ぎること、水資源が少ないこと、産業が衰弱していることが挙げられます。

そして、解決策としては水資源の過剰供給を起こすことで経済を活性化させることが可能と記述しました。

ここでは、そうした解決策を掘り下げます。



水の不足…とルートに当たるカテゴリのみを記述していますが、この水の不足には、電力、情報の不足が該当します。

つまり、この三つを飛躍的に進歩させることで経済を正しく活性化させることが可能になります。

こうした舵取りは主に政治家や官僚の方達の役割となりますが、どうも彼らは消費税を増やそうと躍起になっているようです。

個人的な見解ですが、消費税の増税は国民の大量死を引き起こす可能性があります。

経済ストレスの急激な上昇によって自殺者が相対的に増える可能性があるためです。

これにより人口密度の改善を促す可能性があります。経済は改善するかもしれませんが…国民は死ぬ可能性があります。

…当然のことながら良い手法とは言えません。しかし、対案が無い以上いずれ彼らは実行するでしょう。


さて、それはともかく具体的な対案を挙げてみます。

・水資源の高効率供給による水資源調達の低コスト化

あらゆる産業に水資源は使用されますが、このコストを超低コスト化します。この目安は20分の1以下です。

・電力供給の超効率化による電力調達の低コスト化

水資源と同様にあらゆる産業に使用される電力を超低コスト化します。こちらの目安も20分の1です。

・情報資源の低コスト化

これは単純に現在のパッケージ製品とフリーソフトの中間にあたる低価格製品を揃えることや、スパコン調達コストを効果的に減少させることを目的とします。また、各種のライセンスを低価格化することが目標です。

あえてソフトで言うなら3万円のWidows相当製品を1500円で供給する…と言ったところです。

こうした超低コスト化を行うことで新たな産業が成長余地を得ることができます。

続きは次の記事に記述致します。

次の記事
日本経済を復活させる方法2

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。