2011/10/03

ベネズエラの経済指標6 株価指数

ベネズエラの経済指標を確認します。

この記事では株価指数について記述致します。

関連記事
ベネズエラの経済指標1 人口・GDP
ベネズエラの経済指標2 インフレーションレート
ベネズエラの経済指標3 政策金利・GDP比債務
ベネズエラの経済指標4 為替レート
ベネズエラの経済指標5 経常収支・貿易収支
ベネズエラの経済指標7 失業率



1993年から1996年の株価指数推移です。

レンジは900から6100となっています。

この時期には、厳しい内政環境から麻薬の主要な中継国となっていました。


1996年から2003年の株価指数推移です。

レンジは4000から21000となっています。

1996年 麻薬の主要な密輸中継国となる。

1997年 アジア通貨危機 ベネズエラは政情不安からきついインフレが続く。

1998年 チャベス大統領就任

2002年2月 ベネズエラ通貨ボリバル・フエルテ変動性相場へ移行

2003年2月 1ドル=1600ボリバルの管理固定相場制に移行

2002年から2003年には変動性相場への以降によって急激にインフレが進み、株価指数が急上昇しています。


2003年から2011年の株価指数推移です。レンジは8,000~100,000と幅広くなっています。

2003年2月 1ドル=1600ボリバルの管理固定相場制に移行

2004年 この時期から石油価格の高騰が顕著となります。

2005年3月4日 通貨ボリーバルを12%の切り下げ。1ドル2.15ボリーバルとし輸入抑制を図る。

2007年 世界金融危機

2008年1月1日 1000分の1のデノミネーションを実施

2008年3月 アンデス危機

2009年7月 コロンビアとの外交関係凍結

2010年1月8日 チャベス、ベネズエラの通貨ボリーバルの17%切り下げを発表。1ドルが2.15から4.3ボリーバルに。

2010年7月22日 コロンビアとの国交が断絶

2010年12月15日 コロンビアとの国交が全面的に回復

2010年12月30日 ベネズエラ中銀が通貨ボリバルを切り下げ、1ドル=5.3ボリバル

右肩上がりのチャートです。

基本的に石油価格が急騰した時期ですので、ベネズエラの経済にとっては良い時期が続いたと言えます。

世界金融危機以降も上昇傾向を維持しています。


1993年から2011年の株価指数推移です。

レンジは900~100,000となっており、わずか20年にも満たない期間で11,111%上昇しています。

18年ほどとは言え10,000%を超える上昇は、やはり内政の不安定さをよく表しているかと思います。



やはりインフレがきつすぎる所が、こうしたところに良く表れています。

MediaEspresso は、iPhone、iPod そして iPad、 携帯電話およびスマートフォンや動画・音楽再生機能を持つ PSP などのゲーム機など、90種類以上の携帯動画プレイヤーに最適な形式で動画の変換が可能です。
F.A.G.E.
デジカメ用品なら【サンワダイレクト】
シマンテックストアへはこちら

次の記事
ベネズエラの経済指標7 失業率

関連記事
ベネズエラの経済指標1 人口・GDP
ベネズエラの経済指標2 インフレーションレート
ベネズエラの経済指標3 政策金利・GDP比債務
ベネズエラの経済指標4 為替レート
ベネズエラの経済指標5 経常収支・貿易収支

「ベネズエラ OR 経済指標 OR 株価指数:当ブログ内Google検索」

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。