2011/09/29

新マイナス金利8 新しいスタグフレーションを想定する

ここでは世界金融危機を完璧に防ぎ、スタグフレーションに苦しむ国を成長させるための手法を記述致します。

筆者は従来のスタグフレーションは極限まで肥大化した債務が現地通貨を強く吸収しようとするために起こる経済現象だと勝手に想定していました。

しかし、これはマイナス金利によって抑制することが可能ですので、次世代の新しいスタグフレーションについて、ここでは想定してみたいと思います。

自国通貨政府供給政策 貨幣供給を政府に行い、実質的にマイナス金利を自由に生み出す手法についてにて、新しい内容を記述しております。

通常言われるマイナス金利とは異なりますので、まず、新マイナス金利1 新しいマイナス金利について から読まないと意味がわからないかと思います。予めそちらから順番にご参照ください。

関連記事
新マイナス金利1 新しいマイナス金利について
新マイナス金利2 具体的な例
新マイナス金利3 債務と貨幣供給量のバランス
新マイナス金利4 ハイパーインフレ
新マイナス金利5 デノミネーション
新マイナス金利6 通貨高対策
新マイナス金利7 債券は完済できるか?
新マイナス金利9 中央銀行による国債の買い取りについて
新マイナス金利10 従来のマイナス金利について
新マイナス金利11 浅はかとしか言い様のないベーシックインカムについて
新マイナス金利12 具体的なインフレターゲット
新マイナス金利13 アメリカへの適用例
新マイナス金利14 ユーロ圏への適用例



・スタグフレーション - Wikipedia

スタグフレーションとは経済の停滞と物価の上昇が同時に生じることを表します。

従来のスタグフレーションは、上述したように債務が発端と筆者は推測しています。

では、債務の問題が無くなった場合、どのような状況において、新しいスタグフレーションが生じるのかを想定します。

・人口の増加


極限まで人口が増加した場合、食料、エネルギーなどが甚大に消費されるようになります。

仮に人口が限界を超えていた場合、何らかの原因によって食べ物が枯渇したりすることが想定されます。

このような場合、需要と供給のバランスが崩れ、急激なスタグフレーションが生じる可能性があります。

・科学技術の停滞


上述の人口の増加が止まるよりも先に、科学技術の停滞が見られるようになるかもしれません。

これは現在では想像も付きませんが、究極的にはこうした状況も想定していく必要が生じるでしょう。

科学技術が停滞すれば、それと追従するように経済を維持することは、困難となることが予想されます。そのため、科学技術の停滞には最大限の警戒が必要となるでしょう。


・資源の枯渇


現実には、このラクダがいるような状況においても太陽光パネルなどがあればエネルギーを得て何かを作ることが可能となるでしょう。また、将来的には金を始めとする希少資源に変わる科学技術が生まれるかもしれません。

そもそも「資源の枯渇」と言うものは、前世代的な概念に過ぎません。これからは従来の資源に当たる価値を持つものが科学に置き換わるかもしれないためです。むしろ、科学なしには資源もゴミにしかならなくなるかもしれません。

そのため、あまり想定しにくいケースである可能性があります。

ただし、科学技術の進歩が貧弱な状態で、人口が増え続けた場合には、資源の需給関係に警戒が必要となるでしょう。

・労働や研究などへの意欲が消滅した場合



これからの問題は社会主義国家で見られた特有の心理と似ているかもしれません。

極端な場合、一生働きたくないと宣言する人々で国中があふれることも考えられます。

確かにマイナス金利を行うことで、低賃金労働を貿易上成立させることが可能です。

しかし、マイナス金利は従来の企業や国家、個人が持っている資本を公平な形で希薄化させます。マイナス金利を究極的に続けると、必ずハイパーインフレや、それに近い現象が引き起こされ従来の資本は完全に破壊されることに繋がります。最終的に経済は致命傷を負うことになるでしょう。

ハイパーインフレ自体はスタグフレーションよりも悪い作用を経済にもたらすため、新しいスタグフレーションの想定としては適切ではないかもしれませんが、より曖昧な形で労働者が意欲を失い、経済の停滞とインフレを引き起こすことが考えます。

そのため、今後の社会においては、内発的動機づけが非常に重要となりそうです。



単純な思いつきをメモしただけですが、現在のギリシャ危機に揺れている状態で、このようなことを想定しても意味がないかもしれません。

そもそも今の状態では机上の空論に過ぎないわけですから、まずは具体的にマイナス金利が適用された状態で経済がどのように推移するのかを見てみたいものです。

マイル付き定期預金
http:kakaku.comkurumahokencampaign
【半額以下多数】未使用・未開封・メーカー保証付きのビジネスPCがお買い得!【富士通 WEB MART】
ウイルスバスター

自国通貨政府供給政策 貨幣供給を政府に行い、実質的にマイナス金利を自由に生み出す手法についてにて、新しい内容を記述しております。

次の記事
新マイナス金利9 中央銀行による国債の買い取りについて

関連記事
新マイナス金利1 新しいマイナス金利について
新マイナス金利2 具体的な例
新マイナス金利3 債務と貨幣供給量のバランス
新マイナス金利4 ハイパーインフレ
新マイナス金利5 デノミネーション
新マイナス金利6 通貨高対策
新マイナス金利7 債券は完済できるか?
新マイナス金利10 従来のマイナス金利について
新マイナス金利11 浅はかとしか言い様のないベーシックインカムについて
新マイナス金利12 具体的なインフレターゲット
新マイナス金利13 アメリカへの適用例
新マイナス金利14 ユーロ圏への適用例

「新マイナス金利 OR スタグフレーション:当ブログ内Google検索」

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。