2011/09/19

イタリアの経済指標1 人口・GDP

イタリアの経済指標を確認します。

この記事では、人口・GDPについて記述致します。

関連記事
イタリアの経済指標2 インフレーションレート・政策金利・10年物国債利回り
イタリアの経済指標3 経常収支
イタリアの経済指標4 貿易収支・為替レート
イタリアの経済指標5 株価指数・失業率・鉱工業生産指数
イタリアの経済指標6 企業信頼感指数・消費者信頼感指数



1960年から2011年の人口推移。

1980年から2000年の人口がフラットになっていることがわかります。

現在では6060万人となっています。

イタリアは昔から債務に苦しんできましたが、対外債務は意外とそれほどでもありません。

対外債務を挙げると…



ちょっと古いデータですが、以上のようになります。

現在では対外債務は133%となっています。

ただ地方債も含めると、もう少しブレるかもしれません。


2011年のイタリア人口ピラミッドです。

40-44が人口形成のピークとなっています。

今後、少子高齢化が始まるため、厳しさを増してくる可能性があります。

ただ、現在進行形の危機には直接的な原因とならないでしょう。




1960年から2011年のGDP推移です。

1980年代、1990年代、2000年から2004年に停滞が見られます。

1979年 第二次オイルショック

1985年 プラザ合意

1986年 チェルノブイリ原発事故

1987年 ブラックマンデー

1990年 ソビエト崩壊

1998年 ユーロ開始

2001年 ドットコムバブル崩壊

2002年 現金通貨ユーロ使用開始

1990年代にはマフィアの摘発などが相次いでいます。

筆者個人としては、ちょっと落ち込みの裏付けを納得できていません。

もしかしたら1997年のアジア通貨危機などの影響もあるかもしれません。



イタリアは意外にもそれほど弱いわけではありません。

PIIGSとして数えられてはいますが、フランス、ドイツ、イギリスなども同様に危機的な状態にあります。

そのため、どんぐりの背比べとでも言いますか、イタリアが危機的な状態なら欧州全体も同様に危機的な状態にあると言え無くもありません。

今後はイタリア単体の出方よりも欧州全体の動向が重要となるでしょう。…って当たり前ですね。

MediaEspresso は、iPhone、iPod そして iPad、 携帯電話およびスマートフォンや動画・音楽再生機能を持つ PSP などのゲーム機など、90種類以上の携帯動画プレイヤーに最適な形式で動画の変換が可能です。
F.A.G.E.
デジカメ用品なら【サンワダイレクト】
シマンテックストアへはこちら

次の記事
イタリアの経済指標2 インフレーションレート・政策金利・10年物国債利回り

関連記事
イタリアの経済指標3 経常収支
イタリアの経済指標4 貿易収支・為替レート
イタリアの経済指標5 株価指数・失業率・鉱工業生産指数
イタリアの経済指標6 企業信頼感指数・消費者信頼感指数

「*の経済指標1:Google検索」

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。