2011/08/24

ベトナムの経済指標3 貿易収支・失業率

ベトナムの経済指標を確認します。

この記事では、貿易収支、失業率について記述致します。

関連記事
ベトナムの経済指標1 人口・GDP
ベトナムの経済指標2 インフレーションレート・政策金利


1990年から2011年の貿易収支推移になります。

ほぼ赤字続きとなっており、世界金融危機の際には大幅な赤字に見舞われたことがわかります。

直近でも赤字続きとなっており、2009年4月以来連続赤字となっています。




1999年から2011年の失業率推移です。

非常に低い失業率となっています。このあたりは社会主義ならではなのかもしれません。

特筆すべき傾向はありませんが、5%を超えてくると内政にネガティブとなるでしょう。



今回経常収支などのデータは手に入りませんでした。

まだまだ、これからの印象が強い国家です。つい30年ほど前まで戦火に見舞われる傾向が強かった国です。…そう考えても立ち直るのが早い国かもしれません。

赤字続きの貿易収支は今後の課題と言えるでしょう。あまりにも外資依存の製造業では先が思いやられますから、今後は内需の成長が課題となりそうです。

中国などは国内産業を成長させるために、外資と強引に組ませた上で技術をパクる手法を取っています。日本はこうした経験を経て、新興国との付き合い方を見極めていただきたいと思います。


関連記事
ベトナムの経済指標1 人口・GDP
ベトナムの経済指標2 インフレーションレート・政策金利

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。