2011/10/07

シンガポールの経済指標4 経常収支・貿易収支

シンガポールの経済指標を確認します。

この記事では、経常収支、貿易収支について記述致します。

関連記事
シンガポールの経済指標1 人口・GDP
シンガポールの経済指標2 インフレーションレート
シンガポールの経済指標3 政策金利・10年物国債利回り・為替レート
シンガポール経済指標5 株価指数・失業率・鉱工業生産指数




1986年から2011年の経常収支推移です。

かなり強い経済をしているのがわかります。

経常収支はシンガポール経済の健全性をあらわしていると言ってもいいかもしれません。

産業はバランスよく分かれており、タックスヘイブンと呼ばれるものの、金融に偏重しているわけではありません。


表 シンガポールの名目GDP構成比(産業別/単位:%)

199319982000200120022003
製造業25.223.426.423.726.026.1
建設業7.19.46.26.15.44.9
卸小売業13.411.812.512.412.313.0
ホテル・レストラン業2.92.42.22.42.21.9
運輸・通信業12.211.311.411.311.511.0
金融サービス業12.313.111.112.412.011.5
ビジネス・サービス業11.714.013.514.413.713.2
その他13.013.115.416.015.617.0
GDP合計100.0100.0100.0100.0100.0100.0
(出所) Yearbook of Statistics Singapore 2004


ちょっと古いですが、このようなデータも存在します。

産業構成のバランスの良さがわかっていただけるかと思います。

こうした、強固な産業構成によって、経済規模が小さいながらも外部環境の急激な変化を乗り越えている可能性があります。




1999年から2011年の貿易収支推移です。

世界金融危機後には落ち込みを見せているものの、プラス圏を強固に維持しています。

直近ではややフェードアウト気味で今後の推移には注意が必要かもしれません。



シンガポール経済の強さが、こうしたところによく表れているかと思います。

やはり経済規模に関係なく、経常収支はプラスでないと厳しいことがわかります。

マイル付き定期預金
【半額以下多数】未使用・未開封・メーカー保証付きのビジネスPCがお買い得!【富士通 WEB MART】
ANA旅行積立プラン
価格.com 自動車保険

次の記事
シンガポール経済指標5 株価指数・失業率・鉱工業生産指数

関連記事
シンガポールの経済指標1 人口・GDP
シンガポールの経済指標2 インフレーションレート
シンガポールの経済指標3 政策金利・10年物国債利回り・為替レート

「シンガポール OR 経済指標 OR 経常収支 OR 貿易収支:当ブログ内Google検索」

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。