2011/06/28

ダラス連銀製造業活動6月分を流し見

ダラス連銀管轄地域内にある製造業の景況感指数。

前回結果-7.4、今回予想-3.1、今回結果-17.5となり、大幅な鈍化傾向を表しています。




General Business Activity—Index
Jun 10
Jul 10
Aug 10
Sep 10
Oct 10
Nov 10
Dec 10
Jan 11
Feb 11
Mar 11
Apr 11
May 11
Jun 11
Current General Business Activity, seasonally adjusted
-0.6
-17.6
-9.8
-14.5
6.2
19.7
15.8
10.9
17.5
11.5
10.5
-7.4
-17.5
Future General Business Activity, seasonally adjusted (six months from report period)
15.4
10.2
0.0
7.5
20.6
26.5
35.0
39.1
27.8
16.8
16.9
7.9
2.9

General Business Activity—Composition of Responses
Jun 10
Jul 10
Aug 10
Sep 10
Oct 10
Nov 10
Dec 10
Jan 11
Feb 11
Mar 11
Apr 11
May 11
Jun 11
Current General Business Activity, seasonally adjusted
% Improved
20.0
11.7
16.7
14.8
24.4
24.2
25.3
23.3
24.8
24.1
24.4
8.5
10.1
N/C
59.4
59.0
56.9
55.9
57.3
71.4
65.2
64.3
67.9
63.3
61.7
75.6
62.3
% Worsened
20.6
29.3
26.5
29.3
18.2
4.5
9.5
12.4
7.3
12.6
13.9
15.9
27.6
Jun 10
Jul 10
Aug 10
Sep 10
Oct 10
Nov 10
Dec 10
Jan 11
Feb 11
Mar 11
Apr 11
May 11
Jun 11
Future General Business Activity, sseasonally adjusted (six months from report period)
% Improved
31.0
27.7
21.3
28.7
30.9
34.1
40.2
42.1
33.2
29.8
30.9
24.1
21.5
N/C
53.4
54.7
57.3
50.1
58.8
58.3
54.6
54.9
61.4
57.2
55.1
59.7
59.9
% Worsened
15.6
17.5
21.3
21.2
10.3
7.6
5.2
3.0
5.4
13.0
14.0
16.2
18.6




半年後の予想も軒並み引き下げられています。

景況感指数は大抵上下にブレやすい傾向がありますが、景気の実態に近いため、軽視は出来ないようです。

それにしても、アメリカの中では比較的景況が良いと言われていたテキサスでもいよいよ厳しさを増しているのかもしれません。

ちなみにテキサスの企業と言えば…

1.Exxon Mobil
2.ConocoPhillips
3.Valero Energy
4.AT&T
5.Marathon Oil
6.Dell
7.Sysco
8.Halliburton
9.AMR
10.Plains All American Pipeline

石油産業が強いです。

そういえばアフガン撤退は、アメリカの主要な産業にとってネガティブかもしれません。

ただ、アメリカの債務を踏まえると、もはや厳しい状況にあるため、撤退もやむなしでしょう。

また、最近IEAの石油備蓄放出で若干石油価格が下落していますが、そうした一時的な石油価格の下落も関係あるかもしれません。


関連記事
6月更新分アメリカ中古住宅販売件数
シカゴ連銀全米活動指数5月までのデータを流し見
6月ミシガン大学消費者信頼感指数
1967年~2011年のアメリカ新規失業保険申請件数推移と最新公表値を流し見
世界平和指数、世界マップをひと通り確認してみる

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。