2011/06/22

6月更新分アメリカ中古住宅販売件数

アメリカの住宅市場は在庫が完全に飽和状態であるため、数年間は弱い推移となる可能性があります。

4月件数が500万件、5月予想480万件、結果481万件と若干予想上振れとなりました。

初めから減少するだろうと見込まれていましたから、予想上ブレは若干のポジティブ要因となりました。


やはり、直近ではかなり弱い推移となっており、今後もこうした流れが踏襲される向きが強いようです。

アメリカの住宅は寿命が日本よりも長く50年ほどで、価格も1000万円程から存在しています。

結果としてかなり良い市場ではあるのですが、残念ながら供給過剰と景気の悪さが完全に足を引っ張る展開となっています。

かなり重要な指標の一つなので、今後もしっかりと指標を追っていく必要がありそうです。


関連記事
国・都市別住宅価格をグラフ化
NAHB住宅市場指数の推移をグラフ化
ケース・シラー住宅価格指数2011年1月までの推移で見るアメリカ経済の行方
世界の家屋寿命をグラフ化してみる
米住宅着工件数の推移を分析

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。