2013/04/20

自動車信頼性調査2013 100台あたりトラブル発生回数ランキング

最初の3年間に発生するトラブル発生回数をブランド別にカウントしたもの。ブランド別に100台のサンプルから作られている。

業界の平均は126のスコアとなっている。各ブランドは国別にカラーが異なっている。※ここではMINIをドイツとしてカウントしています。


トップをつけたのはレクサスで71となりました。ずば抜けた信頼性を示していることがわかります。

日本メーカーでは、レクサス(71)、トヨタ(112)、ホンダ(119)、アキュラ(120)、スズキ(122)、マツダ(124)が、業界標準(126)を下回る優れた結果を示しました。

国別では業界標準(126)を下回った国は、日本(6社)、アメリカ(4社)、ドイツ(2社)となり、日本車が高い信頼性を示す傾向にあることがわかります。

逆に業界標準(126)を下回った国は、アメリカ(6社)、日本(5社)、ドイツ(4社)、韓国(2社)、イギリス(2社)、スウェーデン(1社)となりました。

ブランド数が国により異なるので、一概に断言することはできませんが、ドイツ、韓国、イギリス、スウェーデンのブランドがやや信頼性の無い傾向を示していることがわかります。

一方で、少なくともこの調査では、アメリカの車がそれなりの信頼性を示す結果となっています。

また、三菱が非常に低い信頼性を示しました。かなり気がかりな傾向かもしれません。

逆にポルシェが高い信頼性を示していることも他の調査とは異なりました。

御一読いただき誠にありがとうございます。

「自動車信頼性調査」当ブログ内Google検索

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。