2011/06/30

全米失業保険申請件数2011年6月18日までをおさらい

全米失業保険申請件数の推移をおさらいしてみます。

前回結果が42.9万件、今回予想が42.0万件となります。

今週の注目指標のひとつと言える失業保険申請件数が発表となります。

これまでの直近推移を確認します。

超長期的な推移については1967年~2011年のアメリカ新規失業保険申請件数推移と最新公表値を流し見[unemployment,america,finance,economy]を確認ください。

景況判断の基準となるのは40.0万件です。


直近での推移は横ばい微増傾向となります。

市場予想では若干の微減を見込んでいますが、どちらにせよ景況基準となる40.0万件を下回る見込みではありません。

市場は既に、この指標を織り込もうとしているかのような推移を見せています。

もちろんギリシャ動向やアメリカの債務上限などネガティブ要素が積もっているため、下げ要素が積もり積もっているようにも思えます。

関連記事
1967年~2011年のアメリカ新規失業保険申請件数推移と最新公表値を流し見
アメリカ中古住宅成約件数4月までをおさらい
ダラス連銀製造業活動6月分を流し見
米国5月耐久財受注の推移を流し見
米国新築住宅販売件数推移を流し見

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。