2011/08/08

中国企業信頼感指数を確認してみる

中国企業家の将来的な見方や自信を表す指数である、中国企業信頼感指数の推移を確認します。

景況判断の基準として100を越えている場合、景気が上向き、改善傾向にあることを表します。


1999年から2011年の中国企業信頼感指数の推移となります。

やはり貿易収支などの推移傾向とあまり変わらない程度の傾向を見せているのがわかります。

2007年に超強気なピークを形成した後、2009年には急降下、2010年には以前の水準を取り戻しているのがわかります。

やはり景況判断の一つとしては有効かもしれませんが、あまり先行性はないかもしれません。

企業家の心理を表現しているとも言えるので、重要であることに変わりはないでしょう。他の指標と併用することで景況判断に対する信頼性を高めることができると言えます。


関連記事
中国貿易収支を観察してみる
空席運送列車と化した中国高速鉄道
溢れる中国製毒食品は中国人が不誠実である結果か?
アメリカを仮想敵とした中国のFPS「光栄使命」
中国の政治体制に潜む最大の問題とは…
周辺諸国と衝突しすぎている中国
中国鉄道部 既に火の車か?
[ジョーク?]少林拳ショーのクオリティが低すぎる[中国拳法]

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。