2012/08/21

日本全産業活動指数の2003年1月から2012年6月までの推移をグラフ化

全産業活動指数とは、GDPの動きを物やサービスを提供する供給側から把握するため、全産業の活動状況を総合的に分析し、その結果を指数として経済産業省経済産業政策局 調査統計部が公表しているものです。

公表される数字は2ヶ月前のもので、毎月下旬に発表されます。この産業活動分析は月次ベースで行われるため、四半期ベースで公表されるGDPよりも、経済の動きを早く知ることができるメリットがあります。
全産業活動指数は、農林水産業生産指数、建設業活動指数、鉱工業生産指数、第3次産業活動指数、公務等活動指数の基準年に対する増減幅に産業別のウェイトを上して一本化したものです。このウェイトは第3次産業が60%、鉱工業生産が20%、その他が20%程度になっています。

GDPは四半期ごとに発表されますが、全産業活動指数は毎月公表されるためGDPの穴を埋めることができ、利用価値も高いものとなっているようです。

2003年1月から2012年6月までをグラフ化しています。

ニュージーランドRBNZ2年インフレ期待の1987年第3四半期から2012年第3四半期までをグラフ化

RBNZインフレ期待とは、向こう2年間のモノとサービスの比率変動を予想する指標である。インフレ対策の一般的な方法は金利を上げることで、海外投資家が流入するほど、金利が上がり易くなる。予想より高い発表値はポジティブとなり、予想より低い発表値はネガティブとなる。

1987年第三四半期から2012年第三四半期までをグラフ化。