2012/06/12

最も事故を起こす確率が低い車の色



ある大学で車の色ごとに重大事故の発生件数を調べたところ、一番安全なのは銀色の車でした。
最も人気の白い車が重大事故を起こす確率を1とすれば、銀色の車は0.4と半分以下でした。



銀色の車にはメタリック塗装が多く、夜間でもよく目立ちます。それだけ視認性が高く、重大事故を起こす確率が低くなると専門家は説明するのです。また、銀色の車を選ぶ人は保守的で、運転も慎重な人が多く、重大事故が少ないと考えられます。
ちなみに他の色の車の事故確率は、赤0.7、青0.9、緑1.8、黒2.0と、濃く暗い色の車ほど、危険率が高いのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。