2011/07/25

コロンビア分析 CIVETSをほんの少しだけ予習

最近BRICsに変わってCIVETSが何かと話題になっているようです。

ここではコロンビアについてほんの少しだけ記述してみます。

項目名順位 / 対象国年度
面積1,139,000.00 (平方キロメートル)25 位 / 200ヶ国
人口45.51 (100万人)28 位 / 179ヶ国2010
人口密度39.96 (人/km2)125 位 / 179ヶ国2010
雇用者数2010
失業率11.80 (%)24 位 / 104ヶ国2010
実質GDP425,134.00 (10億コロンビア・ペソ)2010
名目GDP539,538.08 (10億コロンビア・ペソ)2010
名目GDP(USドル)285.51 (10億USドル)35 位 / 182ヶ国2010
購買力平価ベースのGDP(USドル)435.37 (10億USドル)28 位 / 183ヶ国2010
一人当たりの名目GDP(USドル)6,273.37 (USドル)75 位 / 179ヶ国2010
一人当たりの購買力平価ベースのGDP(USドル)9,566.08 (USドル)83 位 / 180ヶ国2010
GDPデフレーター126.91 (%)146 位 / 183ヶ国2010
消費者物価指数201.66 (指数)69 位 / 181ヶ国2010
インフレ率3.17 (%)116 位 / 181ヶ国2010
実質経済成長率4.31 (%)81 位 / 183ヶ国2010
国際収支-8.87 (10億USドル)169 位 / 183ヶ国2010
原油輸入額0.90 (10億USドル)91 位 / 166ヶ国2010
原油輸出額15.83 (10億USドル)27 位 / 167ヶ国2010
改めて国家経済の規模を見ると、なかなかの優等生に近い国家であることがわかります。

もちろん誘拐、麻薬、ゲリラと言った問題も大きくなっていますが、これらの問題は収束傾向にあるようです。

産業の基本は珈琲や切花と言った農業の強さが際立っており、次に鉱業なども盛んとなっています。こうした底堅い一次産業を持っているため、政治的な不安定さが表立たなければ二次産業を成長させることも可能かもしれません。

関連記事
2011年に行くべき41箇所、日本は2箇所が選出[米ニューヨーク・タイムズ]
ジニ係数で読み解く世界の所得格差ランキング
消費者物価指数(CPI)で見る経済の変化[世界、生活水準]
ノーベル賞国別受賞者数ランキングをグラフ化

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。