2012/08/22

南アフリカのCPIを1981年1月から2012年7月までグラフ化


南アフリカCPIの推移です。

日本貿易収支を1979年1月から2012年7月までグラフ化

貿易収支とは、輸出量と輸入量の差額のことをいいます。輸出は資金を受け取り、輸入は資金を支払うことになります。輸出が輸入を上回れば黒字、反対に輸入が輸出を上回れば赤字となります。
貿易による黒字が増えると、その分相手の国から受け取る外貨が増えることになります。それを日本円に交換するためには、外貨を売って円を買うことになります。これにより円高・外貨安へとつながります。
逆に貿易赤字になると、日本円に交換する量が減ることになり、円安・外貨高傾向になります。
貿易収支は、このように為替相場に影響を与えることになります。

季節調整なしの貿易収支、1979年1月から2012年7月までをグラフ化しています。