2011/04/06

GPUトップ30をグラフ化してみる

ついでにビデオカードトップ30をグラフ化してみます。

データ参照元はこちらです。


こちらのスコアはゲームなどをやるかどうかで必要スコアが変わります。

ゲームをやらないなら500あれば十分なスコアとなります。

ゲーマーなら高いほうが良いでしょう。

GPUは安いモデルを購入されても十分な性能を発揮します。1万5000円以上のものを購入されれば十分でしょう。



日本語の紹介動画はこちらのものだけでした。



ちなみに、最近ではCPUにグラフィック機能を統合したモデルが発売されています。

こうしたCPUを利用される場合、GPUを追加で増設するとグラフィック機能は活かされません。

どの程度本格的なゲームなどをされるかにもよりますが、ゲームをしなければ最新モデルのCPUに搭載されたグラフィックス機能だけで十分なので、GPUが必要かどうかはしっかりとベンチマークなどを参考にされたほうが良いかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。