2011/09/04

WebP形式の画像閲覧に適したソフト"トートロジー・ウェッピー・イメージ・ビューワ"

当ブログではWebP形式の写真を採用していますが、この形式はまだまだ黎明期と言うこともあって、対応ソフトウェアが全くない状況にあります。

この記事ではWebP形式のビューワをご紹介致します。

Tautology Webp Image Viewer

http://textmode.netne.net/webp.html


TWIVのページへジャンプした後[Download]下のリンクをクリックするとソフトウェアをダウンロードできます。

TMIVは非常にシンプルな画像ビューワです。


主な機能

・内部Webpデコーダ(外部ライブラリは不要)。


・ジョイスティック/ゲームパッドのサポート。


・画像の高速表示。


・回転などのロスレスJPEG変換をサポート。

適当に翻訳しているだけなので、正確な内容はウェブをご参考ください。


対応環境

Windows 95, 98, XP, Vista and Windows 7.にてテスト済み


スクリーンショット


操作など

操作にはショートカットキーを用いるのが適しています。

筆者が調べた時点でのショートカットキーは以下のようになっています。

[Ctrl + O] : ファイルを開く
[F5]    : 再表示
[Del]   : ファイルを削除
[Esc]  : プログラムを終了

[Ctrl + Z] : 操作を戻す Undo
[Ctrl + X] : 切り取り
[Ctrl + C] : コピー
[Ctrl + V] : 貼付け

[ I ]    : 画像ファイル情報を表示
[ + ]    : ズームイン
[ - ]    : ズームアウト
[Shift + L] : ズームを固定
[Ctrl + H] : オリジナルサイズ表示
[Ctrl + T] : スクリーンに合わせて表示
[Enter] : フルスクリーン表示

[Ctrl + Home] : 先頭のファイルへ移動
[Ctrl + End]  : 最後のファイルへ移動
[Space]   : 次のファイルへ移動
[Back Space] : 前のファイルへ移動
[ , ]     : 次のパドルへ移動
[ . ]     : 前のパドルへ移動

JPEGファイルを回転させたりすることもできるようですが、WebPを見ることが目的であるため、ここでは記述しません。

WebPを使っているけど、普段ビューワが無いので困っていた方、ぜひ一度お試しください。

関連記事
WebP形式の表示をテストする記事

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。