2014/03/15

2011年、2012年の欧州バイク販売台数のブランド別シェア、車種別販売台数など


2011年、2012年の欧州バイク販売台数、ブランド別と車種別をグラフ化してみます。

欧州バイク販売台数はスクーターが含まれていない可能性があります。

まずは、2011年の欧州バイク販売台数のブランド別シェアです。

ランキングは上位から以下のようになります。
1、Harley Davidson
2、Honda
3、Yamaha
4、Kawasaki
5、Suzuki

上位五社で販売台数の約72%を占めています。

また、日系4社で約50%を占めています。

日本車の存在感が非常に強いことがわかります。


2012年の欧州バイク販売台数のブランド別シェアは以下の通りです。

ランキング上位は以下のようになります。
1、Harley Davidson
2、Honda
3、Yamaha
4、Kawasaki
5、BMW

上位五社で販売台数の約72%を占めています。

日系4社で、47.3%を占めています。

2012年に、スズキが上位5社から脱落しています。


次に、2011年から2012年の前年比の推移です。増加幅の多い順に並べています。


日系4社はいずれもマイナス成長していることがわかります。

18社中、15社がマイナス成長となっています。

欧州市場全体が鈍化傾向にあることがわかります。



次は、2012年、フランス車種別販売台数ランキングです。

ランキング上位の多くは日本車が占める結果となっております。


2012年フランス車種別販売台数トップ100のブランド別販売数シェアです。

トップ5は以下のようになっております。

1、Yamaha
2、Honda
3、Kawasaki
4、Suzuki
5、BMW

フランスではヤマハが強い傾向にあります。


ランキングの傾向としては、日系4社が50%以上を占める傾向にあることがわかります。

信頼性、性能面で全体的に優れた傾向にありますから、デザインやコスト、製造国など特有の要素を重視しない場合には、日系が選ばれやすいのかもしれません。

しかし、ここまで市場シェアが高い場合には、もう成長余地はない可能性があります。政治的な背景を考慮しても、このように市場を開放してくれているわけですから、非常に融和的な市場と言えそうです。

今後の日系4社にとって欧州市場は、市場シェア維持に努めるのが無難かもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。