2013/04/19

日消費者態度指数の推移をグラフ化


日本・消費者態度指数の推移をグラフ化してみます。

消費者態度指数とは、今後半年間における消費者の意識を表す指標。
「暮らし向き」、「収入の増え方」、「雇用環境」、「耐久消費財の買い時判断」などについて今後半年間にどう変化するのか、消費者の考え(意識)を調査したもの。
「良くなる(1点)」、「やや良くなる(0.75点)」、「変わらない(0.5点)」、「やや悪くなる(0.25点)」、「悪くなる(0点)」の5段階評価で回答してもらい、点数を加重平均して指数にする。
50が指数の善し悪しの判断目安となっている。


日本・消費者態度指数、移動平均線、ボリンジャーバンドの推移です。


前月比、前年同月比の推移です。

1982年以降の日本消費者態度指数推移はこちらです。

御一読いただき誠にありがとうございます。

当ブログ内「日本消費者態度指数」Google検索

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。