2013/04/18

米新規失業保険申請件数と失業保険継続受給者の推移をグラフ化




アメリカ新規失業保険申請件数と失業保険継続受給者数の推移をグラフ化してみます。

新規失業保険申請件数とは、失業した者が失業保険給付を初めて申請した件数を集計したもの。本指標は景気の動きに敏感に反応すると言われ、景気先行指数にも採用されている。毎週木曜日(夏時間:日本時間午後9時半、冬時間:日本時間午後10時半)に前週分を発表。
失業保険継続受給者数とは、米国の新規失業保険申請件数といっしょに発表される経済指標。新規失業保険申請件数が、初めて失業保険給付を申請した失業者の数であるのに対して、失業保険継続受給者数は、少なくとも2週間前に失業保険給付を申請し、継続して失業保険を受け取っている失業者の数である。


新規失業保険申請件数、移動平均線、ボリンジャーバンドの推移です。


前週比、前年比の推移です。


失業保険継続受給者数、移動平均線、ボリンジャーバンドの推移です。


前週比、前年比です。

1967年からの新規失業保険申請件数推移は、こちらに記述しております。
1967年からの失業保険継続受給者数は、こちらに記述しております。

御一読いただき誠にありがとうございます。

関連記事Google検索

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。