2013/04/18

米住宅着工件数の推移をグラフ化




アメリカ・住宅着工件数の推移をグラフ化してみます。

景気動向に敏感で、同時に発表される建設許可件数が先行指標とされている。住宅投資が活発になると、それに伴って家具や家電製品の購入も増加するなど波及効果がある。
また、金利状況にも左右される傾向が強い。
毎月第3週(夏時間:日本時間午後9時半、冬時間:日本時間午後10時半)発表。


米住宅着工件数、移動平均線、ボリンジャーバンドの推移です。


前月比、前年同月比の推移です。

1959年以降の住宅着工件数の推移はこちらです。

御一読いただき誠にありがとうございます。

当ブログ内「アメリカ住宅着工件数」Google検索

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。