2012/11/30

日・CPI消費者物価指数の推移を2011年から2012年10月までグラフ化

日本消費者物価指数CPIの推移を2012年10月までグラフ化してみます。


日本CPI、移動平均線、ボリンジャーバンド推移です。


前月比、前年同月比推移です。

総合指数だけで見ると、ほぼ変化がないことがわかります。

総合指数の前年同月比に寄与した主な内訳
10大費目 中分類,前年同月比(寄与度) 品目,前年同月比(寄与度)

下落
食料 生鮮野菜 -18.6%(-0.36) ・・・・・ はくさい -51.0%(-0.06) など
教養娯楽 教養娯楽サービス -1.8%(-0.11) ・・・・・ 外国パック旅行 -8.7%(-0.06) など

上昇
光熱・水道 電気代 5.8%(0.20)
交通・通信 自動車等関係費 1.7%(0.14) ・・・・・ ガソリン 4.2%(0.10) など

総合指数の前年同月比の変動に寄与した項目
生鮮食品を除く総合の前年同月比の下落幅は0.1ポイント縮小(9月-0.1% → 10月0.0%)

・電気代などの上昇幅が縮小したものの,ガソリン,灯油などの上昇幅が拡大し,エネルギーにより総合の下落幅が0.02ポイント縮小
・外国パック旅行により総合の下落幅が0.03ポイント縮小
・生鮮食品を除く食料により総合の下落幅が0.03ポイント拡大
・テレビなどの下落幅が縮小し,教養娯楽用耐久財により総合の下落幅が0.04ポイント縮小
・放送受信料(NHK)により総合の下落幅が0.03ポイント拡大

1970年からのグラフはこちらに記述しております。

御一読いただき誠にありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。