2012/11/30

日本・完全失業率の推移を2011年から2012年10月までグラフ化

日本完全失業率を2011年から2012年10月までグラフ化してみます。


日本完全失業率、移動平均線、ボリンジャーバンドの推移です。


前月比・前年同月比の推移です。

労働統計の概要は以下のようになります。


・結果の概要
-【就業者】
・就業者数は6321万人。前年同月に比べ13万人の増加。11か月ぶりの増加

・雇用者数は5546万人。前年同月に比べ31万人の増加

・主な産業別就業者を前年同月と比べると,「建設業」,「医療,福祉」などが増加,「情報通信業」などが減少

-【就業率】
・就業率は57.0%。前年同月に比べ0.3ポイントの上昇

-【完全失業者】
・完全失業者数は271万人。前年同月に比べ18万人の減少。29か月連続の減少

・求職理由別に前年同月と比べると,「勤め先都合」が13万人の減少。「自己都合」が5万人の増加

-【完全失業率】
・完全失業率(季節調整値)は4.2%。前月と同率

-【非労働力人口】
・非労働力人口は4504万人。前年同月に比べ5万人の減少。20か月ぶりの減少

従業上の地位
・雇用者数は5546万人。前年同月に比べ31万人(0.6%)の増加。5か月連続の増加。
男性は3171万人。17万人の増加。
女性は2375万人。13万人の増加

・自営業主・家族従業者数は750万人。前年同月に比べ21万人の減少

・非農林業雇用者数及び対前年同月増減
非農林業雇用者 … 5490万人と,31万人(0.6%)増加。5か月連続の増加
常 雇 … 4746万人と,46万人(1.0%)増加。3か月連続の増加
臨時雇 … 647万人と,10万人(1.5%)減少。2か月連続の減少
日 雇 … 96万人と,6万人(5.9%)減少。3か月ぶりの減少

従業者規模
・企業の従業者規模別非農林業雇用者数及び対前年同月増減
1~29人規模 1574万人と,13万人(0.8%)減少。11か月連続の減少
30~499人規模 1863万人と,3万人(0.2%)増加。4か月連続の増加
500人以上規模 1522万人と,47万人(3.2%)増加。8か月連続の増加

季節調整値でみた結果の概要
-【就業者】
・就業者数は6300万人。前月に比べ31万人(0.5%)の増加

・雇用者数は5528万人。前月に比べ31万人(0.6%)の増加

・主な産業別就業者を前月と比べると,「製造業」などが増加,「卸売業,小売業」などが減少

-【完全失業者】
・完全失業者数は273万人。前月と同数
・内訳をみると,「非自発的な離職による者」は9万人(9.0%)の減少。
「自発的な離職による者」は6万人(6.3%)の増加

-【完全失業率】
・完全失業率は4.2%。前月と同率

-【非労働力人口】
・非労働力人口は4518万人。前月に比べ36万人(0.8%)の減少



1953年1月以降の推移はこちらに記述しております。

御一読いただき誠にありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。