2012/11/28

米耐久財受注の推移を2011年から2012年10月までグラフ化

アメリカ耐久財受注の推移を2011年から2012年10月までグラフ化してみます。


耐久財受注、移動平均線、ボリンジャーバンドの推移です。

直近で頭打ち傾向が現れています。

前月比、前年同月比の推移です。

前年同月比の伸びが鈍化傾向にあります。

内訳は以下のようになります。

航空機を除く非国防資本財受注が前月比1.7%増加し、5カ月ぶりの大幅な伸びとなった。

航空機を除く非国防資本財の出荷は0.4%減と4カ月連続で減少した。

耐久財新規受注は横ばい。

一般機器や金属製品、コンピュータ・電子機器が増加した一方、自動車や国防および非国防航空機は減少した。

商務省は10月下旬に北東部を襲ったハリケーン「サンディ」について、現時点で同地域の製造業に打撃は見られないとした。


鈍化の主要な原因には、来年予想されている財政引き締めと財政の崖に向けた懸念が指摘されています。

財政の崖が現実に影響している一例と言えるでしょう。

1992年2月以降の推移はこちらに記述しております。

御一読いただき誠にありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。