2012/11/10

ミシガン大学消費者信頼感指数を2010年から2012年11月までグラフ化

ミシガン大学消費者信頼感指数の推移をグラフ化してみます。


ミシガン大学消費者信頼感指数と移動平均線の推移です。

2011年8月以降改善傾向を継続して示していることがわかります。

前月比、前年同月比の推移です。

前年同月比が同様に改善傾向を示していることがわかります。

残念ながら、先行性は見られません。

ミシガン大学消費者信頼感指数のボリンジャーバンド推移です。

+1σから+2σで推移しています。

サイコロジカルラインの推移です。

全体的に継続的な改善傾向を示していることがわかります。

背景としては、ガソリン価格の下落やシェールガス革命、ドル安による中国からの雇用回帰などが考えられますが、もう少し背景などは色々とあるかもしれません。

1953年以降のミシガン大学消費者信頼感指数推移はこちらに記述しております。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。