2012/11/19

設備稼働率の2010年から2012年10月までをグラフ化

アメリカ設備稼働率の推移を2010年から2012年10月までグラフ化してみます。


アメリカ設備稼働率と移動平均線の推移です。

鉱工業生産指数とおおよそ似た動きを取っていることがわかります。

ボリンジャーバンド推移です。


前月比、前年同月比推移です。

前年同月比が鈍化傾向にあります。

サイコロジカルラインの推移です。

鉱工業生産指数と似たような動きを取っていますが、インフレが反映されないため、超長期的な推移を比較する上では非常に有効性の高い指標と言えます。

直近では金融緩和の対象ではないせいか、衰退傾向が現れています。

1967年以降の推移はこちらに記述しております。

御一読いただき誠にありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。