2012/10/31

windows8でwindows defenderが起動できなかったら

筆者がwindows8導入時に起動できなかったWindows Defenderですが、起動できたので備忘録がわりに手順をメモしておきます。

ちなみに筆者の場合、windows7時のアンチウイルスソフトがWindows defenderを起動しないように設定していたようです。それを修正する手順について記述します。

うろ覚えでメモしているだけなので、正確ではない可能性があります。

また、仕様が変更されているかもしれないので、ご注意ください。



1 まず [Windows]ボタン + "R" を押して、[ファイル名を指定して実行]を開きます。

2 [名前(O):]に "Services.msc" を入力して、[OK]を押します。

3 [Windows defender service]を探して[右クリック]-[プロパティ]を選択します。

4 以下の項目を選択します。

・[スタートアップの種類(E):]を"自動"にします。
・[サービスの状態:]が"停止"なら、[開始]をクリックします。

・[回復]を開きます
・[最初のエラー(F):]を"サービスを再起動"にします。
・[次のエラー(S):]を"サービスを再起動"にします。
・[その後のエラー(U):]を"プログラムを実行する"にします。
・[プログラムの実行]-[プラグラム(P):]をWindows Defenderに設定します。これは通常なら"C:\Program Files\Windows Defender"に実行ファイルがあるはずです。

・[OK]をクリックします。

5 できたら再起動してください。



合っているかどうかはわかりませんが、これで一応起動はしています。

あくまでも備忘録代わりに記述しているだけですので、なるべく正規の手順を検索してください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。