2012/10/29

アメリカ個人所得の推移を2011年1月から2012年9月までグラフ化

アメリカ個人所得の推移をグラフ化。


アメリカ個人所得の前月比、前年同月比の推移です。

2012年9月は、あくまでも予測です。

前年同月比が鈍化傾向を示しています。

これを見ただけでも量的緩和政策は、国家経済に成長をもたらすような効果は無かったと言えるかもしれません。ただ、急激な経済の悪化を食い止めている可能性は残っています。つまり、一応効果はあるけど、回復はない…と言ったところでしょうか?

1959年からの詳細はこちらに記述しています。