2012/09/05

日本国内自動車販売台数指数の2008年1月から2012年8月までをグラフ化

日本国内自動車販売台数を2008年1月=100として指数化したものの推移です。


ダイハツ、日野自動車、ホンダ、いすゞの指数化推移です。

ダイハツの落ち込みが目立ちます。


レクサス、マツダ、三菱自動車、三菱ふそうの指数化推移です。

レクサスと三菱ふそうが上昇し、マツダと三菱自動車が落ち込む傾向にあります。


日産、UDトラックス、スバル、スズキの指数化推移です。

日産が低調な推移を見せています。

一方でUDトラックスが目先で落ちているものの、スバル、スズキと共に上昇傾向にあるようです。


トヨタ、その他、合計、国産車合計、輸入車合計の指数化推移です。

その他と輸入車が上昇傾向にあることがわかります。

興味深いことにトヨタ、合計、輸入車合計の推移が全く同じものとなっています。

トヨタと合計の相関係数が…+0.9737877622

トヨタと国産車合計の相関係数が…+0.9780712093

数字を出すまでもなかったですが、非常に強い相関関係となっていることがわかります。


一応、全てのグラフを併記しておきます。

2008年1月から成長した順にランキング化すると…

1  Import cars 175.44
2  etc. 158.96
3  Suzuki 144.14
4  Subaru 140.02
5  Toyota 131.13
6  Honda 129.10
7  Mitsubishi Fuso 128.24
8  Hino 126.86
9  Isuzu 122.83
10 Lexus 121.70
11 Total 121.38
12 Domestic cars 118.01
13 UD Trucks 113.66
14 Nissan 96.72
15 Mazda 88.62
16 Mitsubishi Motors 71.50
17 Daihatsu 48.16

輸入車の伸びが顕著です。ちょっとこれは危険な兆候としか言い様がないですね。

残念ながら軽自動車が含まれていないようなので、日産、マツダ、三菱自動車、ダイハツの推移はあまり参考にはならないかもしれません。

日本国内自動車販売台数指数推移200801~201208.csv ダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。