2012/09/07

有料音楽配信実績金額の2004年から2011年をグラフ化

日本、有料音楽配信実績の金額推移をグラフ化してみます。

単位は100万円です。


インターネットダウンロードの金額推移です。

インターネットダウンロード金額
インターネットダウンロード シングルトラック 金額
インターネットダウンロード アルバム 金額
インターネットダウンロード小計(オーディオダウンロード分)金額
インターネットダウンロード その他(音楽ビデオ等)金額
インターネットダウンロード その他

…となります。

順調に金額を増加させていることがわかります。


モバイルの有料音楽配信実績金額推移です。インターネットダウンロード金額を併記しています。

モバイル金額
モバイル Ringtunes 金額
モバイル Ringback tunes 金額
モバイル シングルトラック 金額
モバイル 音楽ビデオ 金額
モバイルその他コンテンツ 金額

…以上が記述されています。

モバイルでの配信は、直近でスマートフォンの普及に伴い減少する傾向が見て取れます。


その他の金額推移です。

その他金額
その他 サブスクリプション(インターネット)金額
その他 サブスクリプション(モバイル)金額
その他(その他のデジタル音楽コンテンツ)金額

以上が記述されています。

サブスクリプションは会員制サービスです。

会員制サービスは、質の割にかなりの投げ売りをしている状態に近いのかもしれません。

今後を期待されるサービスの一角ではありますが、金額で見ると厳しい状況にあることがわかります。


金額総合計(レコード、テープ、CD)、有料音楽配信実績金額合計、モバイル合計、インターネットダウンロード合計、その他音楽配信合計の推移です。

数量と比較してもアホみたいに金額が減少していることがわかります。

CDを売りたがるのも無理はないことがよくわかります。ネットやモバイルが本当に儲からないためでしょう。

日本の音楽市場が異常な不景気にあることがわかる推移と言えます。


日本音楽ソフト種類別生産数量1929~2011.csvダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。