2012/09/07

有料音楽配信実績数量の2004年から2011年をグラフ化

有料音楽配信実績数量の推移をグラフ化しています。

単位は1000回です。


インターネットダウンロードの配信実績推移です。


インターネットダウンロード数量合計
インターネットダウンロード シングルトラック 数量
インターネットダウンロード アルバム 数量
インターネットダウンロード小計(オーディオダウンロード分)数量
インターネットダウンロード その他(音楽ビデオ等)数量
インターネットダウンロード その他インターネットダウンロード金額


…を記述しています。

かなり勢い良く上昇を見せているのが特徴です。

なかでもシングルトラックでの販売が大半を占めているのが特徴と言えます。


モバイルの配信実績推移です。インタネットダウンロード数量合計を併記しています。


モバイル数量合計
モバイル Ringtunes 数量
モバイル Ringback tunes 数量
モバイル シングルトラック 数量
モバイル 音楽ビデオ 数量
モバイルその他コンテンツ 数量


…となります。

日本では特にモバイルでの配信が顕著でした。直近ではモバイル向けの音楽配信は鈍化する傾向にあります。


その他の配信実績推移です。規模が大幅に異なるため他のものと併記しておりません。


その他数量
その他 サブスクリプション(インターネット)数量
その他 サブスクリプション(モバイル)数量
その他(その他のデジタル音楽コンテンツ)数量


…となります。

サブスクリプションは、会員制サービスのことです。これは月あたりいくらで聞き放題のサービスなどが対象となっています。

2011年に急増しています。このサービスは1回あたりの質が、上述のものとは全く異なるのが特徴です。

1曲買切りか1ヶ月聞き放題のどちらが良いかは、人により異なるため、どちらも今後の主流な配信方式となる可能性が高いでしょう。


レコード、CD、テープの数量合計とインターネットダウンロード数量合計、モバイル数量合計、その他数量、有料音楽配信実績 数量合計の推移です。

数量合計の下落と入れ替わるように有料音楽配信実績数量合計が急上昇しているのが特徴でしょう。音楽のIT化が急速に進んだことがわかります。

直近では有料音楽配信実績数量そのものが目先で下落を始めています。これは一部の購入者がサブスクリプションへ移行した影響である可能性が高そうです。

そのため、人口が増えたりでもしない限り、有料音楽配信実績数量は鈍化傾向を続けることになりそうです。

日本音楽ソフト種類別生産数量1929~2011.csvダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。