2012/09/05

アメリカ失業率季節調整済みの1948年1月から2012年7月までをグラフ化

アメリカ失業率の推移です。


アメリカ失業率の推移です。

8月の市場予想は8.3%と上昇を見込んでいます。

季節調整なしの数値はかなり悪化の進行が早いので警戒が必要でしょう。

前月比、前年同月比の推移です。

直近で前年同月比の下落傾向が続いています。

やはり前年同月比だけでもトレンド転換を見ぬくことは出来ないかもしれません。

ボリンジャーバンドの推移です。

直近で+2σから+1σの間から、+1σから9M SMAの間へ上昇し始めました。

ボリンジャーバンドはトレンド転換を読むのが比較的早い可能性が、また一つ示されたかもしれません。

サイコロジカルラインの推移です。

下落傾向が示されています。下ブレの偏りを表しています。


季節調整なしの数値では…

2012/1 8.8%
2012/2 8.7%
2012/3 8.4%
2012/4 7.7%
2012/5 7.9%
2012/6 8.4%
2012/7 8.6%

となっており、既に4月以降で悪化しています。そんなわけで、掘り下げるために季節調整なしの失業率推移も作成してみます。

以上のグラフ作成には以下のデータを使用致しました。

アメリカ失業率194801~201207.csvダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。