2012/08/23

中国HSBC製造業PMIの2011年1月から2012年8月までをグラフ化

景気の先行きを示す指標のひとつであり、製造業の購買担当者に生産意欲などをアンケートして指数化したもの。製造業の工場が、どのような生産計画を立て、どのくらいの資材を必要としているかをにもとづいた指数となる。PMIが50を超えると景気拡大を示し、50未満だと景気後退を示す。PMIは購買担当者だけでなく、原材料メーカーや金融機関、投資家にとっても、景気動向を見極める上で重要な指標となっている。

PMIはGDPと似た動きを示し、GDPを約2か月先行するといわれている。

データが2年も無いため、直近のデータ以前は参考値程度に捉えてください。


2つの移動平均線を下回る傾向を続いており、鈍化傾向を示しています。


前月比、前年同月比の推移です。


ボリンジャーバンドの推移です。


サイコロジカルラインの推移です。

直近では0.5を上回っておらず、鈍化傾向にあることを示しています。

次のGDPも鈍化する可能性があるため、中国経済の動向には警戒が必要となりそうです。

以上のグラフ作成には以下のデータを使用致しました。

中国HSBC製造業PMI201101~201208.csvダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。