2012/08/27

ドイツ輸入物価指数の2000年1月から2012年7月までをグラフ化

輸入物価指数(Import price index)とは、輸入品の物価をまとめた指数。
輸入物価指数は生産者物価指数(Producer price index)の動向を把握するために用いられる。生産者物価指数は消費者物価指数(Consumer price index)に波及するため、インフレの動向も左右する。貿易財に対する購買力を意味する交易条件指数(terms-of-trade index、輸出物価指数÷輸入物価指数)の算出基礎にもなる。
ただし、輸入物価指数は為替変動の影響を大きく受ける。


ドイツ輸入物価指数の推移です。

直近で9ヶ月移動平均線を割り込んだ状態が続いています。


前月比、前年同月比の推移です。

前年同月比が低下する傾向が続いています。今後も低水準の伸びが続くかもしれません。


ボリンジャーバンドの推移です。


サイコロジカルラインの推移です。

直近で0.5に近づいていることがわかります。

横ばい傾向に向かっている可能性があります。

以上のグラフ作成には以下のデータを使用致しました。

ドイツ輸入物価指数の200001~201207.csvダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。