2012/08/27

ドイツ景気動向指数1991年1月から2012年8月までをグラフ化

「独IFO景気動向指数」とは、ドイツのミュンヘンにある「Information & Forschung」という有名な経済研究所がドイツの各業界の大手約7000社の役員を対象に景気動向アンケートを実施した結果を表します。
この指数は、同研究所から毎月発表されるもので、ユーロ圏最大の経済大国であるドイツ経済の景気動向を知る重要な指標のために、ユーロ圏全体の経済状況を知る上で注目されているのです。
日本の「日銀短観」と類似の調査を行っているものとされています。


IFO景気動向指数の推移です。

2つの移動平均線を下回っており、非常に悪い景況となっていることがわかります。


前月比、前年同月比の推移です。

前年同月比が低水準で推移しているのがわかります。


ボリンジャーバンドの推移です。

-2σから-1σの間で推移しているのがわかります。

サイコロジカルラインの推移です。

中央値の0.5を下回りました。

ゆっくりと確実にドイツの景況が悪化しつつあることがわかります。

以上のグラフ作成には以下のデータを使用致しました。

IFO景気動向指数199101~201208.csvダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。