2012/08/24

アメリカ住宅価格指数の1991年1月から2012年6月までをグラフ化

S&Pケース・シラー住宅価格指数と並ぶ、米国の代表的な住宅価格関連の指数。 S&Pケース・シラー住宅価格指数は、母集団にサブプライムローンを通じた物件や高額物件など様々な物件を含むのに対して、FHFA住宅価格指数は信用力の高い物件で構成されている。全米9つの区域、各州およびコロンビア特別区、大都市圏の数字が発表される。


住宅価格指数の推移です。

2つの移動平均線を超えているのがわかります。

目先では上昇傾向にあることがわかります。


前月比、前年同月比の推移です。

前年同月比が上昇傾向にあることがわかります。


ボリンジャーバンドの推移です。

直近でバンドが発散傾向にあります。+2σに近い傾向を取っており、かなり力強い傾向を示していることがわかります。

サイコロジカルラインの推移です。

こちらも改善傾向を示しているのがわかります。

しかし、過去の推移から見ると基本的に1に近い水準を取っていることからもわかるように、まだまだ以前の水準は遠そうです。


価格上昇の背景には低在庫と需要増があるようです。

以上のグラフ作成には以下のデータを使用致しました。

アメリカ住宅価格指数199101~201206.csvダウンロード

0 件のコメント:

コメントを投稿

この度はコメントをいただき誠にありがとうございます。
必ずしもコメントにご返信できるかはわかりませんので、あらかじめご注意ください。